Pocket

交通事故被害でよくあるのがむちうち症です。追突事故における典型的な後遺症です。むちうち症は後遺障害として認められるのでしょうか。

むちうち症の扱いが難しいのは自覚症状でしか証明できない場合も多いという点にあります。それに、被害者の心理状態も症状に強く影響します。裁判でむちうち症が否定されたり、被害者側の過失が認められ過失相殺がなされたりする事例は多いです。

むちうち症も後遺障害として認められます。一般的なむちうち症は、第12級の「局部に頑固な神経症状を残すもの」あるいは第14級の「局部に神経症状を残すもの」に該当することになります。逸失利益を認める期間は、第12級で3~5年、第14級で2~3年となっており、他の後遺障害よりもかなり短い扱いです。第14級であれば、自覚症状だけで該当する場合もありますが、第12級では、MRIやレントゲン画像などで症状が認識できる場合でしか該当することはありません。

第7級や第9級に認定されるむちうち症もあります。この場合ももちろん自覚的な症状だけでは認められません。他覚症状が認められるとともに事故の衝撃がある程度大きくなくてはいけません。

自覚症状だけのむちうち症には後遺障害に認められるものと認められないものがあります。第14級に該当となれば後遺障害に対する結構な額の慰謝料が手に入ります。後遺障害に該当するかしないかは死活問題と言えます。交通事故被害を専門とする弁護士はむちうち症について熟知しているので、ただ症状を医者に訴えるだけでなく、弁護士を頼り戦略的に主張していくことが得策と言えます。

参照ページ<後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所