Pocket

交通事故被害における後遺症と後遺障害の違いって分かりますか。同じように思えますが、厳密には違う概念です。一般的に後遺症とは、治療を終えてもなお残る症状のことです。首のちょっとした痛みや腰痛などです。後遺障害とは後遺症のうち労働能力の喪失を含むものです。後遺症のほうが広い概念で、後遺障害を包含します。後遺症を後遺障害の意味で用いている方もいらっしゃいますが、法的には違う意味です。

後遺症と後遺障害の区別は重要です。交通事故被害においては多様な損害が生じ、項目を立てて損害を賠償していくことになります。まずは、交通事故が直接的に引き起こす損害賠償の項目があります。たとえば、傷害の治療費、慰謝料、休業損害などです。他方で、交通事故の後遺障害に対して支払われるものがあります。後遺障害により収入が減ったことによる逸失利益、後遺障害に対する慰謝料です。単なる後遺症については、逸失利益や慰謝料が認められないのが原則です。単なる後遺症にすぎないのか後遺障害に該当するのかは金銭が支払われるか否かの分水嶺なのです。

後遺障害は、後遺障害等級表により把握されます。交通事故被害における後遺障害のあり方はあまりにも多様なので症状・慰謝料・労働能力の喪失をある程度定型化して不公平感を少なくしているのです。後遺障害等級表は第1級から第14級まで階層が付けられており、それぞれに自賠責保険における慰謝料額、労働能力喪失率が設定されています。労働能力喪失率は逸失利益を計算する基礎の数字で、パーセンテージで表されます。この等級は、任意保険料支払いの基準にもなります。ですので、どの等級に認定されるかについてよく紛争が生じます。