Pocket

後遺障害の認定の請求には、「事前認定」と「被害者請求」の2種類があります。事前認定では請求を加害者側の損害保険会社が行い、被害者請求では被害者本人が加害者の加入している自賠責保険会社に請求します。実際に後遺障害の等級認定を審査する機関は、第三者機関である損害保険料率算出機構(損保料率機構)です。審査は書面審査です。では、二つの手続の何が違うのでしょう。

二つの手続の最大の違いは、判断資料にあります。事前認定では、損害保険会社定型の医師の診断書・レントゲン画像など最低限の資料しか提出されません。加害者側の損害保険会社はある意味敵側ですから、当然のことだと言えます。他方、被害者請求では、被害者自身が資料を集め提出できるので医師の診断書・レントゲン画像の他に、他の医師の意見書やストレスレントゲン撮影などを加えることができるのです。ストレスレントゲン画像は膝のぐらつきなどを証明することができる資料です。

以上のように判断資料が増えるので、後遺障害の認定には被害者請求が有利です。しかし、現実には事前認定を行う方が多いです。普通の方は被害者請求を知らないですし、後遺障害の認定がどのように行われるか分かってないからです。ほとんどの人が交通事故に遭うのが初めてですので、加害者側の損害保険会社の言いなりになってしますのです。

交通事故被害に遭われたら、まずはともあれ弁護士に相談した方がいいと思います。そして、少しでも納得できる認定が欲しければ被害者請求をするべきです。